インプラントの手術には少なからず失敗するというリスクが存在します。インプラントについての見識を広げるために参考になる情報が盛りだくさんなので、是非ご利用ください。矯正歯科や予防歯科、審美歯科についても詳しく知ることができます。

インプラントが嫌なら入れ歯も進化しているので安心

入れ歯を持つ助手

歯を失ってしまった場合、第一選択肢として挙げられるのが入れ歯でした。
保険適用されるタイプもあり、手頃な価格で治療を受けることが出来るというメリットがあります。
しかし、入れ歯は調整が難しかったり、見た目が不自然、噛む力が十分ではないというイメージもあります。
顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラント治療が入れ歯に変わって失った歯の機能を取り戻す事が出来る治療として注目・人気を集めています。

しかし、中にはインプラント治療に対して不安を感じるという人も少なくはありません。
インプラント治療は治療が長期にわたる、外科治療が必要となる、保険が適用されないため、費用が高額になるというデメリットがあります。
入れ歯は常に進化しており、最新のものは治療期間も短く、保険適用となるものもありますので、失った歯の機能を取り戻すことが出来ます。

事前に検査をしっかりと行うことにより、それぞれの状況・希望に合わせて治療方法を選択することが出来ます。
これまでの入れ歯は外れやすい、壊れやすいというデメリットがありました。
最も多く作られているレジン床を使用した入れ歯では、熱伝導率が鈍く、つけ心地が悪い、汚れがつきやすいという事を感じる人も少なくはありませんでした。

しかしながら、最新の進化した金属のバネが組み合わせられているタイプであれば、目立たず、外れにくく、壊れにくいという特徴があります。
素材にもこだわりがあり、一人ひとりの状態に合わせて作製しますので、フィット感もあります。
様々なタイプの入れ歯がありますので、不満点があるという場合には、不満に感じている部分を歯科医師に伝えるようにしましょう。

保険適用の入れ歯は、つけ心地が悪い、壊れにくいというイメージを持つ人もいますが、保険が適用されるタイプの入れ歯でも満足することが出来る可能性はあります。
保険が適用されるタイプの入れ歯では満足することが出来ないという場合には、素材などにこだわった保険適用外のタイプを作製してみると良いでしょう。

入れ歯というと、高齢者が使用するものというイメージがありますが、20代や30代など比較的若い世代でも使用せざるを得ない状況になっている人はいます。
そのような人には、より審美性に優れている金属のバネが無いタイプがおすすめです。
柔らかいレジンで出来ているということもあり、フィット感があり、金属アレルギーの人でも安心して使用することが出来ます。