インプラントの手術には少なからず失敗するというリスクが存在します。インプラントについての見識を広げるために参考になる情報が盛りだくさんなので、是非ご利用ください。矯正歯科や予防歯科、審美歯科についても詳しく知ることができます。

ホワイトニングとクリーニングなら審美歯科で!

最近では白い歯にあこがれる人が多くなっています。
歯を白くしたいという場合、審美歯科でホワイトニングやクリーニングなどを受けると良いでしょう。
審美歯科のホワイトニングは歯そのものを漂白するという方法であり、歯科医院で行うものと自宅で行うものがあります。

どちらの場合も保険適用にはならないため、自費で治療を受けることになります。
ホワイトニングは消毒薬と同じ成分である漂白剤を使い、歯に染み込んだ着色成分を分解していくという仕組みです。
ホワイトニング直後は冷たいものや温かいものが染みることもありますが、時間が経つと気にならなくなります。
痛みなどもありませんし、効率よく綺麗な歯を手に入れたいという人におすすめです。

オフィスホワイトニングとは審美歯科で受けるホワイトニングのことを言います。
変色している歯に漂白剤を塗り、歯を白くしていくことになります。
歯の神経があるかないかによって方法が異なっています。
歯の神経がある場合、過酸化水素を30~35%含む薬剤を塗り、特殊な光を当てて漂白効果を高めることになります。
神経を取った歯は黒っぽく変色することがありますが、オフィスホワイトニングなら白くすることができます。
30~35%の過酸化水素水とホウ酸を混ぜ合わせた薬剤を歯の裏側から穴を開けて入れます。
この治療を受ければ3~4回で白くなるでしょう。

ホームホワイトニングとは自宅で行うホワイトニングの方法です。
低刺激の薬をマウスピースに入れ、決められた時間だけそれを歯に装着することになります。
最初に審美歯科で自身の歯に合ったマウスピースを作ってもらうことになります。
そして、自宅でマウスピースに薬剤を入れて装着するというケアを繰り返します。
効果には個人差もありますが、重度の着色でない限りは1~2ヶ月で効果を実感できるでしょう。
また、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせたデュアルホワイトニングという方法もあります。

クリーニングというのは歯の掃除のことであり、保険適用となることが多いので費用は安く済みます。
虫歯や歯周病等の原因となる、歯の表面についている歯垢や歯石除去などを受けることができます。
簡単なクリーニングなら1日で終わることもありますが、数回に分けて行うことも多いです。
これはあくまでも歯の表面についている汚れを取り除くだけの処置であり、もともと歯が変色している場合などはクリーニングだけで白くなることはありません。

PMTCとはドクターが専門の機械とフッ素入り研磨ジェルを使って行うクリーニングのことを言います。
歯の表面から歯と歯茎の境の溝の中にある細菌の塊を全て除去することができます。
PMTCを受けることにより、歯の表面に細菌がつきにくくなります。
PMTCは口の健康維持のためにおすすめの処置と言えるでしょう。