インプラントの手術には少なからず失敗するというリスクが存在します。インプラントについての見識を広げるために参考になる情報が盛りだくさんなので、是非ご利用ください。矯正歯科や予防歯科、審美歯科についても詳しく知ることができます。

少ない歯を残して入れ歯にするより抜歯でオールオン4

歯の治療をする歯科医

オールオン4は上下4本のインプラントを埋め込むことにより、全ての人工の歯を支えるという治療です。
従来の治療では失った歯の本数に合わせてインプラントを埋め込む必要がありました。
そのため失った歯が多い場合は体力的な負担や経済的な負担が大きくなってしまいます。
オールオン4は埋め込むインプラントの数が少なくて済むため、気軽に治療を受けられるでしょう。
この治療で通常通りの食べ物を楽しめるようになった人や会話ができるようになったという人も多いです。

オールオン4は総入れ歯を使っている人だけでなく、虫歯などで多くの歯を失った場合や治療してもほとんどの歯を残すことができない場合などに最適です。
この治療は従来の治療に比べて少ないインプラントで上下の人工の歯を支えることができるため、負担を少なくすることができることがポイントです。

総入れ歯で生活している人や事故や病気などでたくさんの歯を失った場合でも、オールオン4治療なら最短で当日から仮歯を入れることができるため、すぐに食事を摂ることができます。
できるだけ早く自然歯のような歯並びに戻したい人や健康な歯で食事を摂りたい人などにおすすめと言えるでしょう。

総入れ歯と比較すると治療費は高くなってしまいますが、入れ歯のように食後に取り外してメンテナンスするなどの手間がかかりません。
また、入れ歯のような違和感や噛み合わせの問題、咀嚼機能の低下などといった心配もありません。
オールオン4は自身の歯と同じように噛むことができますし、総入れ歯で不便を感じているという人に最適な治療方法と言われています。
食べ物をしっかり噛みたい人はもちろん、発音を良くしたい人や見た目を良くしたい人などもこの治療を選ぶと良いでしょう。

インプラント治療は機能する自身の歯を抜歯しなくても良いというメリットがあります。
しかし、多くの歯を失っている場合、オールオン4よりも費用が高くなりますし、手術時間が長くなって体への負担も大きくなってしまいます。
オールオン4は4本のインプラントで人工の歯を支えるので費用が抑えられますし、体への負担が軽いことや違和感が少ないことなども特徴です。
また、骨を増やす治療は必用ないことが多いですし、手術してすぐに人工の歯を固定できることもポイントです。

しかし、オールオン4は自身の歯が全くない場合しか施術できませんし、歯が残っている場合は抜歯が必要になります。
もちろん残っている歯が少ない場合や多くの歯が残っていても機能しない場合などはこの治療の方が良いと言えるでしょう。
オールオン4治療が受けられるかどうかは口内の状態によって異なっています。
まずは近くの歯科医院で相談してみると良いでしょう。
ちなみに、治療を受けたばかりの時は硬い物を食べないようにすることも大切です。