インプラントの手術には少なからず失敗するというリスクが存在します。インプラントについての見識を広げるために参考になる情報が盛りだくさんなので、是非ご利用ください。矯正歯科や予防歯科、審美歯科についても詳しく知ることができます。

歯の黒ずみは虫歯かも!歯医者へ直行!

前歯に黒ずみがあると見た目が良くありませんし、虫歯かもしれないと不安に感じる人もいるでしょう。
虫歯を放置しておくと最悪の場合、抜歯が必要になってしまうこともあります。
そのため虫歯ができた場合はすぐに治療を受けることが大切です。
ちなみに、黒ずみがあって審美性に問題があっても痛みがない場合は虫歯ではないこともあります。

場合によっては黒い歯石が付着していることもありますし、詰め物が変形していることもあるのでしょう。
また、ステインやタバコのヤニなどが付着して黒ずんでいることもあります。
黒ずんでいるだけなら痛みなどは発生しませんし、審美性に問題があるだけです。

歯に虫歯ができた場合、その部分を中心に黒くなることが多いです。
大きな虫歯ならすぐに分かりますが、初期の虫歯だと小さな黒い点ができる程度です。
虫歯による黒い点ができやすいのは歯の噛む面であり、噛む面にある凹凸に沿って黒い線が広がっているように見えることがあります。

歯磨きで前歯の黒い点が全く取れない場合や黒い点が広がっている場合、穴がある場合などは虫歯の可能性が考えられます。
初期段階では痛みなどの自覚症状は少ないのですが、放置しておくと歯が溶けてしまうこともありますし、黒ずみや痛みが進行してしまうこともあるので注意しましょう。

初期段階で歯医者を受診すれば歯を削ることはありません。
フッ素の塗布や歯のクリーニングといった治療を行うだけなので歯医者が苦手な人でも行きやすいでしょう。
これは歯の表面を菌に侵されないように強化する効果や自然治癒力を促すといった効果があります。
ちなみに、表面には小さな黒い点しかなくても歯の内部に虫歯が広がっていることもあるので注意しましょう。
その場合は本格的な治療が必要になることもあります。

ちなみに、歯の黒ずみは虫歯だけが原因というわけではありません。
歯の根には神経や血管などが通っています。
治療で神経を取った場合、年月が経つと水分量が減ってしまうので黒く変色してしまうこともあります。
また、薬の副作用によって黒ずんでしまうこともあるとされています。
そのような場合は放置しても問題ないのですが、気になる場合は歯医者で相談してみると良いでしょう。

歯石やステイン、ヤニなどで黒ずみが発生している場合、クリーニングである程度元の色に戻すことができます。
なかなか汚れが落ちない場合はプロによるクリーニングを受けた方が良いでしょう。

Recommend
No articles